大 中 小

海のすこやかサイエンス

  1. トップ
  2. 健康成分DHAのはたらき
  3. 魚を食べると頭はよくなる?

魚を食べると頭はよくなる?

魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は、脳や神経の働きに欠かせない栄養素。

よく「魚を食べると頭がよくなる」と言われていますが、果たしてDHAにはそのような効果があるのでしょうか?

 


 

  

もうすぐ受験シーズン本番ですね。私も受験生だったころは、あちこちの神社にお参りに行ったなあ…

 

最後は神頼みだったんですね(笑)。ラストスパートで猛勉強するとか、生活習慣に気をつけるとか、そういうのはなかったの?

 

さすがに真面目に勉強しましたよ~。あとは風邪を引かないように気をつけたことと…あ、そういえば母が「頭がよくなるから食べなさい」と言って、やたらと魚料理を食卓に並べてくれたりもしました。でも本当に、魚を食べると頭がよくなるのでしょうか?

 

魚は、頭がよくなる魔法の食べ物では決してありませんが、魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳神経の発達や機能の維持に欠かせない大事な栄養素です。特に青魚や、カツオやマグロの脂身の部分にたくさん含まれていますね。
このDHAを積極的に摂取することで、記憶力や学習力に対して影響が見られたという研究報告(*1)があります。

 

DHAを豊富に含むパンスプレッドを作り―バターやマーガリンみたいにパンに塗るやつですね―それを7歳から9歳の子どもたちに6週間食べてもらいました。その後、言語学習能力を測るテストで様々な項目について調べたところ、DHAを豊富に含むパンスプレッドを食べ続けた子どもたちは、DHAの入っていないパンスプレッドを食べ続けた子どもたちに比べて、読解やスペリングといった言語学習能力や記憶力のスコアが有意に向上していたとのことです。


すごい!DHAを摂ると確かに効果があるんですね。もちろん、言語学習能力や記憶力だけでは「頭のよさ」をはかることはできないと思いますが、少なくとも、摂らないよりは摂ったほうが頭がよくなりそうな気がしますね。

 

そうですね。この研究では言語学習能力を測る特殊なテスト方法を用いましたが、他にも、子どもたちにとって、より身近な計算問題にチャレンジしたときの脳機能に対する効果を調べた研究(*2)もあります。

 

小学校2年生の子どもたち10人を対象に、DHA・EPAを併せて334mg配合した飲料を、4週間のあいだ飲み続けてもらいました。そして「近赤外線スペクトロスコピー」という装置を用いて、脳内の「酸素化ヘモグロビン」の分布の様子を可視的に計測しました。

 

酸素化ヘモグロビン…?ヘモグロビンって、血液の中に含まれている物質ですよね。そこまではわかるのですが。

 

そのヘモグロビンという物質は、血液に乗って酸素を全身に運ぶ役割をしています。「酸素化ヘモグロビン」というのは、酸素と結合したヘモグロビンのこと。要するに酸素を運んでいる状態ですね。必要な場所に酸素を送り届けた後は、つまり荷物をおろした状態になるわけなので、酸素化されていないヘモグロビンに戻る、と。

 

ああ、なるほど。ということは、酸素化ヘモグロビン濃度が高い部位というのは、それだけたくさんの酸素を必要としている部位ということになるんですね。

 

その通り。
さて、話は戻って研究の結果です。
ところでその前に、「100ます計算」ってご存知ですか?

  

y_11-1.pngのサムネール画像

 

 

右図のような10×10のます目を埋めていく

計算ですよね。知っています。


行と列の交差するます目に、その行と列の数字を足し算した答えを書いていくっていう…。


制限時間内にます目がたくさん埋められるほど、計算が速いということになりますね。

 

 

 

 

あと、ます目に書き込まれた数字が正しいかどうかも大事なポイントですよね。

 

DHA・EPAを配合した飲料を飲んだ子どもたちに、この100ます計算を解いてもらいながら、脳内の酸素化ヘモグロビン分布を計測しました。その結果が、下の図になります。

 

 

図1.DHA・EPA配合飲料摂取前後での酸素化ヘモグロビン濃度変化

 

赤色が濃いほど酸素化ヘモグロビン濃度が高く、青色が濃いほど濃度が低いことを示しています。

 

摂取前と摂取後で色がだいぶ違っていますね…。摂取後のほうが、脳が酸素をあまり必要としなくなっているということでしょうか?

 

脳が活動するためには酸素が必要ですが、この結果から、DHAを摂取することによって、「少ない酸素でも効率よく脳を動かせるようになった」という可能性が考えられます。


また、100ます計算の成績自体も、DHA摂取後には回答数・正答率ともに向上していました。

 

図2.DHA・EPA配合飲料摂取前後での100ます計算回答数と正答率

 

やっぱりDHAは摂ったほうがよい栄養素なんですね~。
私が無事に合格できたのも、魚をたくさん食べてDHAをたくさん摂ったからだったのかな?! 

 

お母さんのお心遣いとサポートのおかげもあったんじゃないかな。そのところに、お魚がすこし応援してくれていたかもしれませんね。

 

 

 

参考文献

1)A randomized control trial in schoolchildren showed improvement in cognitive function after consuming a breaad spread, contatining fish flour from a marine source.Annalien Dalton et al. Prostaglandins, Leukotrienes and Essential Fatty Acids. Vol.80, No.2-3, Page.143-149 (2009)

2)日本水産株式会社 生活機能科学研究所による研究(2012)

«前の記事へ 次の記事へ» カテゴリー:

このページの先頭へ